« 小さな島の大きな挑戦!! | トップページ | 衣替えをおえても・・・ »

2012年9月21日 (金曜日)

錬成大会を終えて

先日、祝賀会が行われたのですが、時間の関係上、私(江口)の作文を読んでいなかったのでこちらにて載せさせていただきます。

この度は、W日本一おめでとうございます。

私も古賀塾コーチとなり5年目となりましたが、初めてのW優勝に嬉しさと感動で胸がいっぱいです。

以前、塾長もお話されてましたが、古賀塾は周りの道場と比べて体も小さく、飛び抜けて強いポイントゲッターがいるワケでもありません。

しかし、今回の試合はそれぞれが、自分が選手だという責任と自覚を持って望んだ結果だと思います。

低学年は、私がコーチとなり初めて担当したメンバーという事もあり、試合中も思わず手に力が入ってしまいましたが、私の心配も必要なく先鋒から、攻めの柔道で勝負できました。

準々決勝あたりから続けての試合だったので本人達も優勝した実感があとから湧いてでてきたようでした。

高学年は、試合前の選手の怪我により急遽メンバー変更というアクシデントもありましたが、尚一層チームの団結力も高まり苦しい戦いではありましたが、勝ちあがる事ができました。

決勝戦ではポイントを許し、リードされての大将戦になりましたが奇跡の大逆転一本勝ちをする事ができ、思わず私も飛び跳ねて喜んでしまいました。

全国の強豪が集まる中、自分たちの柔道をし、勝ち上がり優勝した事を自信とし、これからの試合でも優勝できるように選手共々、私たちコーチも頑張っていきますのでご父兄の皆さまもご協力、応援よろしくお願いいたします。

また、当日用事があり出席出来なかった3年生の西郷孝基選手から選手の皆さんに手紙を預かっていますので写真にて紹介させていただきます。

Photo

                                           江口

« 小さな島の大きな挑戦!! | トップページ | 衣替えをおえても・・・ »

コメント

私が小学生のときには練成大会で低学年と高学年が同時に優勝するなんて想像もできませんでした。古賀塾を卒業して8年近くが経ち、縁があって現在も柔道を続けているのですが後輩たちの活躍に刺激をもらうことができる自分は幸せです。優勝したメンバーはこの優勝を誇りに思って今後の人生に生かして欲しいです。柔道を続けても続けなくても日本一になるためにしてきた努力を忘れないでください。
古賀塾の1期生としてお祝い申しあげます。
古賀塾長並びに江口先生はじめコーチ陣のみなさんも本当におめでとうございます。また時間があるときには練習に参加させていただきますのでよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな島の大きな挑戦!! | トップページ | 衣替えをおえても・・・ »